院長ブログ

2連ちゃんのインプラント講習会参加

こんにちは、たなか歯科クリニック院長の田中です。

先週は東京に行ってきました。


上顎洞(眼の下の空洞)に近く骨が少ない時インプラントを無理に入れると突き破ってよくありません、そのような場合骨を作ってあげれば十分にインプラントを入れることができます。しかしその手術が患者さまの負担になることも事実です。
いかに患者さまに負担少なく、安全にできるかということを
新しい技術、機材も含め勉強してきました。機材を購入しました。簡単で確実です。
有意義な1日でした。

今週は神戸に
私が所属している古希の会というスタディーグループの会長の米澤先生の講習会を聞きに行きました。 私の憧れの先生のひとりです。

インプラントは日本に数十種類あります。その特性、操作性などを考え数種類のインプラントを使用され、実に興味深い話でした。
私の病院にもあらゆる種類のインプラントをされた患者さまが来院されます。
そのときに、確実な診断、アドバイスができることは大きなことです。
私の病院のインプラントは日本で1番シェアーの高いインプラントを使用していますが、他のインプラントについての講習会も最近よくいくようにしています。
患者さまからすればシステムが違うのはよくわからないはずです。
システムが違うのでうちの病院では無理と考えず、患者さまの立場で歯科医療を診ていきたいと思っています。

2009年11月09

クリニックのご紹介

診療科目のご紹介