院長ブログ

医療従事者として最近感銘を受けたこと

先日産婦人科の病院にいく用事があり、医療人としてその病院の理念、スタッフ、院長先生の考え方などを見て感動しました。
産婦人科は生命の誕生、母子への心使い、お見舞に来られる方への対応を求められます。
院長先生の昼夜を問わず診療する姿勢、スタッフの一人一人責任を持って理念のもと行動する姿勢、落ち着いて滞在できる病院の環境など素晴らしいものでした。
そんな忙しい院長先生が若い産婦人科先生が見学に来られて大切にしなさいと言っていた言葉を横で聞くことができました。医療は技術と真心とサービスであるとどれが欠けても駄目だと言っていました。きれいな病院ですねと見学の先生が言っていると院長先生が設備を整えたり綺麗にしても単なる箱になってはいけないとおっしゃてるのを失礼ながらとなりで聞いていました。
人の誕生は感動するものです、しかし不安やわからないことがあるとき声をかけてくれるスタッフ、確かな技術は心強いものです。

歯科医院に来て不安や大丈夫かなと思うことはだれしもあります。そこで院長、スタッフが真心をもって患者様の気持をくみとり、診療を受けていただき、おいしく食事ができれば赤ちゃんの誕生の時のような感動があるように思いました。

スタッフ一同真心をもって接してまいりたいと思います。

2009年04月24

クリニックのご紹介

診療科目のご紹介